芸術見聞録

展覧会の予習、感想など。

没後150年 坂本龍馬展 その3

インスタを見ていて、もう一つ坂本龍馬展が開催されているのを知った。こちらは江戸博物館の話である。 f:id:Hayanosuke:20170614205655j:plain

Railstation.netより。坂本龍馬生誕の地。

江戸博物館の展覧会では司馬遼太郎の「龍馬が行く」に出てくる資料がいくつか展示されている。

池田屋事件があった日に勝海舟が書いた日記、

当に此の時、京師、当月五日、浮浪殺戮の挙あり。壬生浪士輩、興の余、無辜(むこ)を殺し、土州の藩士、またわが学僕望月(亀太)生など此災に逢ふ。

勝の字は極めて判読しにくかったが、「無辜」(罪なき者)の字は確認できた。

幕臣たちはことごとく池田屋の変に快哉をさけんだが、勝のみは不快とした。日記のなかで、「無辜を殺し」という一条に、勝の怒りがあらわれている。(中略)徳川幕府などは単に政府にすぎず、これをもって国家だとおもうのは愚人の証拠だ、と幕臣勝はもし公言できるならばそう公言するような男だ。 

 「龍馬が行く 狂乱編 流燈」より引用。

「公言する」と言えば、こういう話が出てくる。

咸臨丸で勝がアメリカから帰り、翌々日、将軍家茂に拝謁したのだが、老中の一人が、見てきたことを話すように促したところ、

「すこし眼につきましたのは、アメリカでは政府でも民間でも、およそ人の上に立つ者はみなその地位相応に利口でございます。この点ばかりは、まったくわが国と反対のように思いまする。」

「龍馬が行く 風雲編 勝海舟」より引用。

と言ったという。私が勝を好きなのはこういうところだ。頭の悪い人間が上(官僚、政治家、経営者)にゴロゴロいるというのは今の日本と同じだが、誰もが「空気」を読んで、長いものに巻かれている今、こういう人物がいるだろうか? 

自分のささやかな地位を守ろうと、言うべきことも言わずにびくびくしている人間など、どうして尊敬できようか。