芸術見聞録

展覧会の予習、感想など。

バベルの塔展 感想

ついにBSTBSの「ぶらぶら美術館」で「バベルの塔展」が放送されてしまった。山田五郎が面白おかしく解説すると著しく興味を掻き立てられるので、そのせいなのかどうか、混雑してきたようである。

私はどんなに混んでいようと、「小バベル」をじっくり観る方法を発見した。まず人だかりがしている後ろに行き、前の人が去るのを待つ。前に出たら目を近づけられるだけ近づけ、穴の開くほど観る。周りの人が「もうどけよ」と思い始める直前に去る。🐵

そこで一旦、上映されている解説を見るなりして、また人だかりの後ろに行き、同じことを繰り返すのだ。(そんなこと誰でもやってるよと言われると身も蓋もないが)しかしいくら目を凝らしても細かいところまでは良く見えない。単眼鏡があればそれに越したことはない。

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー4×12 1105-06

とにかく、他を威圧する、とてつもない絵である。

 

しかし山田五郎氏が番組で言っていた通り、ブリューゲルの「バベル」より、ヒエロムニス・ボスの本物の絵が2点ある方が凄いと思う。なにせ真筆とされる絵が25点ほどしかない。マドリードにある代表作「悦楽の園」などまず日本に来ない。(来たとしたら、伊藤若冲展を上回る入場者数だろう)

実際に見てみると、「なんであんなヘンテコな絵を描いたんだろう?」と思うほど、細かいところまでしっかり描かれている。伝統的、かつ正統な技術を持った画家だ。こういう人がモンスターを描いたから中世のような時代でも受け入れられたのだなと思った。

そのモンスターはボスのリバイバルブームでブリューゲルに引き継がれた。たぶん、「キモカワイイ」みたいな感じだったのだろうが、ボスの真意ではなかった気がする。

ボスは地獄の恐ろしさを表現するために怪物を描いたのだと思う。それが面白がられては人々に対する戒めにも何にもならない。芸術を理解する人がいかに少ないか、芸術家の真意がいかに伝わりにくいか、である。

貴重なフランドル絵画も展示されており、観る価値は十分あるが、版画が多く、ブリューゲルの絵が一枚しかないのはいささか物足りなかった。それでいささか宣伝過剰になっているのだろう。人にぶつかって何も言わずに行ってしまうようなマナーの悪い人もいた。おそらく宣伝に釣られて興味本位で来た輩であろう。

「良い絵を落ち着いてじっくり観たい」というなら、「シャセリオー展」をお勧めする。