読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術見聞録

展覧会の予習、感想など。他に時事問題のブログもやってます。http://hayanosuke.hatenablog.com/

シャセリオー展 予習 5

シャセリオーは1846年にアルジェリアに旅行した。その時の経験をもとに描かれたのが、「ガゼルと遊ぶムーア人の娘」である。

www.google.com

彼のオリエンタリスムの魅力は、(中略)文学や異国趣味といったものを自由に掛け合わせて、それらを起爆剤としてさらなる想像力の飛翔を求め、実際に 色彩豊かで豊穣なるイメージを獲得したことにある。

モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)

p.70より引用。 シャセリオーの描く女性には独特の神秘性があるが、彼の理想の女性は彼の二人の姉妹、アデルとカトリーヌであったという。

作品「画家の二人の姉妹の肖像」1843年

拡大画像

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9b/Th%C3%A9odore_Chass%C3%A9riau_-_The_Artist%27s_Sisters_-_WGA4808.jpg

後に描かれる女性像の基本はこの二人の姉妹のイメージなのだろう。

そこにはまさしくシャセリオーならではの神秘的な女性像がたち現れている。その女性たちはみな端正な顔立ちをし、女性としての尊厳をはっきりと示している。それでいて冷たい表情にはならず、仄かに純潔な官能性すら漂わせている。(中略)

彼の描く女性にはあるタイプが認められる。顔は卵型をしており、目が子鹿の目のようにぱっちりとしている。鼻筋はすっと通って、唇はふっくらとしてはれぼったい。このように特徴を列挙すると、通俗な女性像を思い浮かべるかもしれないが、決して俗悪に陥っていないのはアングルから体得した古典的崇高さをどの女性も兼ね備えているからであろう。その顔には理知と官能が不思議と混じりあっている。 

ドラクロワとシャセリオーの版画」橋 秀文編著 (岩崎美術社刊) p.72より引用。

  

芸術新潮 2017年 05 月号

芸術新潮 2017年 05 月号