芸術見聞録

展覧会の予習、感想など。

展覧会

没後150年 坂本龍馬展 その2

念願だった、「血染めの屏風」を見ることができた。司馬遼太郎の「龍馬が行く」で龍馬暗殺の場面になると、いつも涙で読めなくなる。ほとんど号泣である。 今まで本やテレビ番組でしか見たことのなかった実物を見てゆくと、本当にあったことなんだなぁ・・・…

没後150年 坂本龍馬展 その1

没後150年 坂本龍馬 - 江戸東京博物館 西洋絵画の展覧会と違って、日本のそれは会期が短いが、展示物の入れ替えが激しいとは知らなかった。行って見たら、龍馬がおりょうと新婚旅行に行った際の手紙がない。京都国立博物館としてもあまり長く貸し出すのは困…